薬草茶は飲みすぎにご注意

薬草茶は腸を刺激して便秘を解消することは確か
でも飲みすぎには注意しましょう

北の大地のオリゴ糖

薬草茶を飲む

薬草茶は昔からの民間薬で、便秘の解消に役立つとされています。確かに効果のあるものも多いです、形態も種類もたくさんあるし、水分補給にも効果的です。利用したい便秘解消メソッドの一つと言えると思います。

ティーバックや缶入り飲料として市販されている

薬草茶は植物を採取してきて、それを乾燥させ、煎じてお茶にして飲むものです。最近ではティーバック紅茶のように簡単に作る事が出来る物もあれば、缶やペットボトルで市販されている物もあります。

ただし、薬草茶も人それぞれで効き目のありすぎるものとかもあります。特に刺激性の強いドクダミやセンナなどは下痢をすることもあるようです。

センナや白桃花(白い桃の花のつぼみ)なども、便秘に良いと言うようなことを良く聞きますが、これらには峻下(しゅんげ)作用(少量で強烈に下す作用)があります。専門の医師、薬剤師に相談して使うようにしてください。

薬草茶も飲みすぎにはご注意

薬草茶が便秘に良いと聞けば、そればかり飲み続けてしまっている人はいないでしょうか?いくら、便秘に効果的だと言え、あまりに大量に摂取すると、返って身体に悪い影響を及ぼします。

薬草茶とは言え、飲み続けるとクセになる可能性も否定できません。飲まなければ出ないという事にならないように、量は程ほどに飲むべきであるといえます。

薬草茶・豆知識

薬草茶のことで知っていることを列挙しておきます。ぜひ参考にして下さい。

漢方薬と民間薬の違いは?

漢方薬も民間薬も生薬を使用するところは同じですが、漢方薬が数種類の生薬を混ぜ合わせて作る物で、それぞれの生薬に薬名がついてあります。民間薬は、古くからの言い伝えなどで受け継がれてきた物で、植物を単体で使うことが多く、薬名もそれぞれにはありません。

漢方薬の適応は論理的にも構築されていますが、民間薬の薬効は論理的な根拠が無いです。

薬草

ハトムギ
甘みがあるので飲みやすいです。お茶には殻つきの実を使用することが一般的です。
ゲンノショウコ
葉に整腸作用があるので、緩下剤として下痢止めとしても使用できます。ゲンノショウコは「現の証拠」と言う意味から来ているそうで、それだけ効果覿面と言う事といわれています。
杜仲
ダイエット用のお茶として人気が有りますが、便秘にも効果的といわれています。葉には食物繊維が含まれていて、そのほかにも、カリウム、カルシウム、ミネラルなども豊富に含有されています。
ドクダミ
緩下作用があります、葉、茎、花の丸ごとが使え、「十薬」と言う別名があります。民間薬として人気の薬草です。
ウコン
胃腸の働きを活発にするショウガ科の植物です。腹痛や下痢にも効果的で、最近では高血圧や生活習慣病の予防などにも一役買ってます。
センナ
センナは強い下剤効果があります。医薬品として製品になっているものがありますから、それを飲みようにした方が良いです。

オススメの天然オリゴ糖

10年以上の朝の悩みから解消されたい
身体への負担なく、自然にスッキリしたい

つらい便秘にお悩みではありませんか?

刺激の強い便秘薬に頼りっきりになってしまうと、あまり身体に良い事が無いのは、誰にでもお解りになる事だと思います。

整腸作用のある天然オリゴ糖は、身体に無理なく自然な形で朝のお通じを誘発する事ができます。(もちろん個人差はありますが・・・)

当サイトがイチオシは「北の大地の天然オリゴ糖」です、詳しくは、こちらの公式サイトをご覧下さいね。