一日に必要な食物繊維の量は?

食物繊維を一つの食材で
補うのはかなり無理があります

北の大地のオリゴ糖

わかめだけで一日に必要な食物繊維を取ろうとすると

一日にとりたい食物繊維の量は20gから35gと言われています。わかめだけでこれをとろうとすると、わかめがてんこ盛りのお皿、4.2皿を平らげないと必要な食物繊維は取れません。

現実的に考えて、一つの食材で、必要とされる食物繊維をおなかに入れるには無理があります。例えば、乾燥きくらげなら、一度に100g程度必要ですが、これも食べきるのはかなり苦しい思いをする事になります。(ってか、食べれないって・・・笑)

和風の献立にこだわる

乾物類や野菜、煮物、汁物、漬物など、和食は食物繊維の豊富な食材を使っているものが多いです。それに、食物繊維を採ることに着目すれば、ご飯は最も優れた食品といえます。

和食にこだわって、主食のご飯をキチッと食べるようにするだけで、かなりの食物繊維をとることが可能になります。

一日30gの食物繊維をとる方法

現代人の食事では平均して、一日7gから10g程度の食物繊維が不足しているといわれています。とは言え、毎日の食事の食物繊維の含有量をいちいち計算して献立を考えるというのも、現実的ではありません。

アバウトですが、和食にこだわることで、自然に食物繊維をたくさん採る事が出来ます。和食は、ごぼう、ひじき、サトイモ、納豆など、食物繊維が豊富な食材を使うことが多く、和食にこだわっていれば、必然で食物繊維の摂取量は増えるという事です。

食物繊維の多い食品は下記のようなもの・・・

  • 野菜、キノコ
  • 穀物
  • 果物
  • 海草

このような食材ですが、これらを上手く組み合わせると、理想益な便秘解消向けの献立が出来ます。例えば・・・

  • ご飯一杯
  • 生わかめ50g
  • 納豆一鉢
  • 食パン(6枚切り1枚)
  • そば1玉
  • ひじき一鉢
  • かぼちゃ二切れ
  • ごぼう50g
  • こんにゃく半分
  • リンゴ半分
  • ブロッコリー半株

このような食材を上手く朝昼晩の三色に組み合わせれば、上手に一日に必要とされる30gの食物繊維をとることが出来ます。

オススメの天然オリゴ糖

10年以上の朝の悩みから解消されたい
身体への負担なく、自然にスッキリしたい

つらい便秘にお悩みではありませんか?

刺激の強い便秘薬に頼りっきりになってしまうと、あまり身体に良い事が無いのは、誰にでもお解りになる事だと思います。

整腸作用のある天然オリゴ糖は、身体に無理なく自然な形で朝のお通じを誘発する事ができます。(もちろん個人差はありますが・・・)

当サイトがイチオシは「北の大地の天然オリゴ糖」です、詳しくは、こちらの公式サイトをご覧下さいね。