下痢になれば便秘解消は間違い

便秘の反対は下痢と思ってませんか
どちらも便通異常という点では同じです

北の大地のオリゴ糖

毎日お通じが無くても便秘とは言えない

便秘とは、排便の回数の問題ではなく、排便後スッキリしたかどう判断基準になります。例えば、2日に一回しかお通じが無かったとしても、残便感が無ければ、便秘とは言えないという事ですね。

ただし、回数は関係無いとは言え、程度の問題もあります。通常物を食べてから消化、排泄までは24時間から72時間掛かると言われ、おおよそで3日間くらい排泄が無ければ便秘と言えるでしょう。

便秘の反対が下痢ではない

けいれん性の便秘は、便秘と下痢を繰り返します。主にストレスなど精神的な原因で腸が上手く働かなくなっている時に、このような状態になることが多いです。

このタイプの人は「便秘をしていたけど、下痢になってドサッと出たから便秘解消」と思ってしまう人も多いですが、どちらも便通異常という点では同じ症状で、整腸剤等で腸の調子を整える必要があります。

柔らかい便でも便秘

一般的に誤解が多いのが、「便がかたいから便秘」と言う判断です。便の硬さは、便秘の判断基準にはならないんですね。たとえ柔らかい便でも腸の中に残っている感じ(残便感)があるときは、やはり便秘と言っていいでしょう。

ただし、硬い便は痔になる可能性もあるので、これも良くない事は確かです。

慢性便秘の症状

便秘には、慢性便秘と急性便秘があります。ここでは慢性便秘について、様々な症状を列挙してみます。

常習性便秘

常習性便秘は最も多く見られる症状です。生活習慣病やストレスのため腸の機能が低下している「機能性便秘」とも言われその原因は、3つに分けられます。

直腸性便秘
直腸性便秘は、簡単に言うと、脳に「排便の」のサインが伝わらないような状態です。便意を我慢したり、浣腸の乱用など、排便のシグナルを無視したこと原因がある場合が多いです。便が硬くなる特徴があります。
けいれん性便秘
けいれん性便秘は腸の働きが過敏になっているような状態です。腸がけいれんしてくたびれた所に便やガスがたまるという特徴があります。また、けいれん性の便秘は便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群の一つで、精神的ストレスが主な原因と考えられてます。細くて短い便になることが一般的です。
弛緩性便秘
弛緩性便秘は腸の働きが悪くなっているためこの症状になります。最も症例が多い便秘の症状と思われます。高齢者や痩せ型の女性に多く見られ、腹筋が弱く腸が動かなくなっている事が原因と言われています。食事の改善と運動が必要で、チョット頑張らないとおなかが苦しいです。

症候性便秘

症候性便秘は、何らかの病気が原因で引き起こされた便秘の症状です。急性の症候性便秘と同じように他の病気が元になっているために起こる便秘の症状です。器質製便秘とも言われ、腸ねん転や腸閉塞などを併発している事がありますから、迷わず急いで病院に行く事をおススメします。

オススメの天然オリゴ糖

10年以上の朝の悩みから解消されたい
身体への負担なく、自然にスッキリしたい

つらい便秘にお悩みではありませんか?

刺激の強い便秘薬に頼りっきりになってしまうと、あまり身体に良い事が無いのは、誰にでもお解りになる事だと思います。

整腸作用のある天然オリゴ糖は、身体に無理なく自然な形で朝のお通じを誘発する事ができます。(もちろん個人差はありますが・・・)

当サイトがイチオシは「北の大地の天然オリゴ糖」です、詳しくは、こちらの公式サイトをご覧下さいね。