便秘薬の正しい使用方法

便秘薬で一気に便秘を解消しようとするのは良くありません
常用するのも考え物です

北の大地のオリゴ糖

便秘薬の正しい使い方

便秘薬は、体の自然な流れに逆らって、無理やり排便させようとする物です。一気に解消しようとして大量に服用するのは厳禁です。薬は使用上の注意を守らなければダメです。

また、良くあるのが「クセになっている」状態、長期間便秘薬を飲み続けている人のことですね。これも、良くはありません。本項では正しい便秘薬の知識を身につけましょう。

整腸剤と緩下剤

便秘薬は基本的に内服薬で、大きく分けて2つあります。すなわち・・・

  • 整腸剤
  • 緩下剤

整腸剤は腸の働きを整えるために腸内細菌のバランスを整えるお薬で、消化酵素やガスを排除する成分などを含んでいる物もあります。

緩下剤は単純に下剤ですが、刺激の緩やかな物のことです。

基本的な飲み方

医師の処方して貰わずに市販薬を買い求める場合、使い方を誤ると逆効果になります。必ず、薬局に常駐している薬剤師に相談してから求めるようにするのコツです。

基本的には、整腸剤か刺激のあまり強くない緩下剤を最初は使用します。説明書の適量より少なめに飲むようにして、同時に運動をするとか、食事に気を配るなどの注意を併用します。

効き目が無い時には、説明書にある適量に量を増やすか、作用強い薬を服用するようにします。それでも効かないなら、何かの病気が隠れている可能性があります。専門の医師に相談するべきだと思います。

効いているか効いていないかの効果の測定は、服用し始めて1週間から2週間程度で判断します。

注意とアドバイス

便秘薬の事でのことで知っていることを列挙しておきます。ぜひ参考にして下さい。

注意

便秘薬は飲み続けると、「薬無しではお通じが来ない」といったクセになる事があります。また、便秘と下痢を繰り返すような悪循環に陥る事もあるようです。

便秘といえども、安易に薬に頼ることが厳禁です。まずは、運動をするとか、食事に気を配る、水分補給に励む、睡眠時間を多めに取るなどの簡単なことから便秘解消は着手するべきです。

アドバイス

便秘薬を使用するときは、できれば就寝前にタップリの水で飲むようにします。こうする事で翌朝便意がやってくるようになります。

ビタミン剤やオリゴ糖を併用すると、便秘薬の量を減らせます

ビサコジル成分が含まれた便秘薬は、牛乳で飲むと吐き気や嘔吐などが起こる場合があります、注意が必要です。

オススメの天然オリゴ糖

10年以上の朝の悩みから解消されたい
身体への負担なく、自然にスッキリしたい

つらい便秘にお悩みではありませんか?

刺激の強い便秘薬に頼りっきりになってしまうと、あまり身体に良い事が無いのは、誰にでもお解りになる事だと思います。

整腸作用のある天然オリゴ糖は、身体に無理なく自然な形で朝のお通じを誘発する事ができます。(もちろん個人差はありますが・・・)

当サイトがイチオシは「北の大地の天然オリゴ糖」です、詳しくは、こちらの公式サイトをご覧下さいね。