座薬や浣腸は最後の手段

座薬や浣腸などの便秘解消系外用薬は
最後の手段と覚えておきましょう

北の大地のオリゴ糖

座薬と浣腸剤

座薬も浣腸剤も肛門から挿入し、腸を刺激して排便を促す外用薬です。

即効性があるので、頼る人も多いですが、直腸性便秘になる可能性を秘めています。極力使用しないほうが良いと思います。

座薬

座薬で市販薬はあまり聞かないようです。どちらかと言うと、医師に処方される事が多いと思いますが、使い方は、その時に説明を受けてください。

基本的には、肛門から座薬を挿入し、効き目が出てくるのは、20分から60分程度たってからです。座薬は腸の中で炭酸ガスを発生させ、腸を刺激して、蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。

浣腸剤

浣腸剤はグリセリンが主成分で、グリセリンは便のとおりを滑らかにする作用があるため、直腸に便がたまっているときに有効な外用薬と言う事になります。

浣腸剤は、使いすぎると直腸に便がたまっている時に大腸にシグナルが行かない直腸性便秘になる可能性も秘めています。また、刺激が強いため、腸内の粘膜を傷つけたりすることもあります。

注意とアドバイス

便秘薬の事でのことで知っていることを列挙しておきます。ぜひ参考にして下さい。

注意

浣腸剤のような外用薬も、通常の内服薬の便秘薬と同じように、使い続けるとクセになる傾向が見受けられます。内服薬以上に、緊急性のあるお薬だといえます。

アドバイス

座薬は溶けやすいので、冷蔵庫に保存しておく事です。まあ、使用する、チョット前に出しておかないと、メチャ冷たいので、かなり引きますが・・・^_^;

浣腸剤は、約40度のお湯につけておくと、液を挿入した時に違和感がありません。また、使用時はトイレに座って使用するか、横になって使用するかですが、横になって使用する場合、左を下にして使用すると便の流れに合います。

腰の下にビニールや新聞紙を敷いておくと、床を汚したりする事もありません。

オススメの天然オリゴ糖

10年以上の朝の悩みから解消されたい
身体への負担なく、自然にスッキリしたい

つらい便秘にお悩みではありませんか?

刺激の強い便秘薬に頼りっきりになってしまうと、あまり身体に良い事が無いのは、誰にでもお解りになる事だと思います。

整腸作用のある天然オリゴ糖は、身体に無理なく自然な形で朝のお通じを誘発する事ができます。(もちろん個人差はありますが・・・)

当サイトがイチオシは「北の大地の天然オリゴ糖」です、詳しくは、こちらの公式サイトをご覧下さいね。